【麒麟がくる:7話】ネタバレ感想と考察!帰蝶の演技で今回も目頭が熱くなったの

麒麟がくるに泣かされっぱなしのマサムネです。

麒麟がくる7話「帰蝶の願い」は、帰蝶の想いがジンワリ伝わってくる素敵なお話でした。

もちろんソレだけでなく、斎藤利政や息子の高政たちの思惑が入り乱れ、最後には織田信長が登場!

 

十兵衛と帰蝶を中心に、物語が大きく動き始めます。

では今回も簡単なあらすじと、イイなと思ったツイートを交えながら、ネタバレ感想&考察を語っていきたいと思います。

マサムネ
あらすじと感想の一覧はココ↓↓
関連記事

マサムネです。 麒麟がくるは明智光秀の物語。 主演は長谷川博己さんで、脚本は池端俊策さん。 原作はナシのオリジナルストーリーです。   明智光秀の若い頃はナゾが多く、織田信長を倒したことで有名[…]

スポンサーリンク

7話「帰蝶の願い」の簡単あらすじ

斎藤利政は織田信秀との戦に勝利し、大柿城を取り戻しました。

織田信秀の敗因は、尾張国内の身内が攻めてきたせい。

信秀の敵は国内、今川義元、斎藤利政の3人となり、危機感を覚えた信秀は斎藤利政と同盟を結ぶことにします。

話を聞いた斎藤利政は同盟を結ぼうと考えますが、信秀は帰蝶を信長の嫁として差し出すことを条件としていたのです。

マサムネ
同盟が簡単に破棄されないように、人質って意味もアルよ。

話を聞いた帰蝶は猛反発。

帰蝶は前回の土岐家への嫁入りを後悔しており、敵方の織田家への嫁入りを不服に思っていました。

そこで十兵衛に嫁入りの阻止を頼むのです。

 

ですが斎藤利政は、織田との同盟がいかに重要かを話します。

海のない美濃が、資源豊富な海に近づくには必要なコトなのだと。

そして国が豊かになれば、美濃を戦のない平穏な国にできるのだと十兵衛に語ります。

マサムネ
利政も美濃の為を思った苦渋の決断だったの。

帰蝶と利政の板バサミになった十兵衛は、帰蝶に何を告げていいのかわかりません。

そんな十兵衛の想いを察した帰蝶は、嫁入りの相手が「うつけ」なのだと話します。

その「うつけ信長」を信頼する十兵衛に見てきてほしい、そう十兵衛に依頼するのでした。

 

十兵衛は帰蝶の願いをかなえるため、再び尾張に潜入します。

そこで出会ったのは菊丸。

十兵衛は菊丸から信長が、毎日漁に出ており、海出会えると聞かされます。

そこで二人は朝焼けの海で、織田信長が漁から帰るのを待つのでした。

マサムネ
もっと詳しいあらすじはココからどうぞ↓↓
関連記事

今回は帰蝶に心打たれまくりだったマサムネです。 麒麟がくる7話「帰蝶の願い」は、斎藤利政と織田信秀の戦で織田軍が敗北する所から始まります。 敗北を切っ掛けに織田信秀は、斎藤利政と同盟を結ぼうとしますが、同盟の証として帰蝶[…]

7話「帰蝶の願い」のネタバレ感想と考察だぜ!

まさかの2週連続で、目頭が熱くなる展開に。

前回は十兵衛、今回はタイトル通りの帰蝶にやられました。

帰蝶役の川口春奈さん、緊張が解けてきたのかイイ演技でしたね。

十兵衛と帰蝶の切ないやり取りが印象的でした。

では今回も、共感したツイートと共に、麒麟がくるのネタバレ感想を語っていきたいと思います。

マサムネ
ちなみに帰蝶の願いは「1つ」だけかと思いきや、意外と多い「3つ」だったの。

大柿城の戦は利政の勝利

勝利を喜ぶ斎藤利政(本木雅弘)は、相変わらずイイ表情をしてます。

かなりクセになってきました(笑)

大柿城と言えば、後の大垣城。

関ヶ原の合戦で、石田三成が西軍の拠点とした場所です。

織田信秀(高橋克典)の敗因は織田家の内部争い。

織田一族で尾張の守護代をしている彦五郎(織田信友)が、織田信秀の古渡城を攻めたのです。

そのせいで織田信秀は大柿城をあきらめ、古渡城へ向かったのでした。

信秀の家臣である平出政秀(上杉祥三)は、彦五郎が力を着けすぎた信秀を妬んでの犯行と語ります。

しっかし、この時の平出政秀は、小悪党の腰ぎんちゃくっぽい演技でしたね。

マサムネ
もっとシャキッとしたイメージだったので意外だぜ。
なんだか信秀も平出も、無能な悪党みたいに見えてションボリ。

平出政秀は織田信長との泣けるエピソードがあるので、その頃までに印象が変わってるとイイなあ。

そして織田信秀は、内乱(彦五郎)と今川義元、斎藤利政の三人を同時に相手にするのはムリだと悟ります。

そこで斎藤利政と手を組もうと考えます。

この決断が今回のお話の要となります。

十兵衛は美濃に帰ってくる

牧(石川さゆり)と光安(西村まさ彦)は囲碁を打っています。

そこで光安が「待った」をかけて、やり直すシーン。

ニヤリとする牧の表情は、ただ優しいだけでなく武家の嫁らしい強さを感じさせてイイなと。

そして光安はオチ要因になりつつあるなあ(笑)

館に戻った十兵衛は、牧に怪我の話をします。

この時の二人のやり取りが、本当の親子みたいな自然な演技で良かったですね。

心配させてほしいという牧に対して、十兵衛が「そう言うものですかね」と言い、牧も「そう言うものです」と返す。

何気ないシーンですが、見ていてホッコリしました。

マサムネ
ただ歴史通りに語るんじゃなくて、人をイキイキと描く大河ってのもイイよね。

そこへ帰蝶(川口春奈)が、鶴を見るついでというコトで牧を訪ねてやってきます。

ですが空気が読めない十兵衛は、鶴はもっと遠くにいるので、寄り道しているヒマはないと帰蝶に言ってしまうのです。

この時、さりげなく牧が、お止めなさいと言った感じで手で制しているのがイイですね。

ホントに十兵衛は女子(おなご)の気持ちを読めなさすぎます(笑)

そして叔父の光安(西村まさ彦)にまで、空気の読めなさを咎められる十兵衛。

ポンコツ光安ですら、帰蝶の気持ちを察してるのに、未だに本気で鶴が見たいと思い込む十兵衛スゴイ。

これを相手にしなければならない帰蝶と駒の気持ちを思うと泣けてきますね(笑)

織田信秀からの和議(同盟)を受けるという斎藤利政。

ですが、織田信秀は同盟の証として帰蝶を息子(信長)の嫁にくれと言ってきたそうな。

それを帰蝶が突っぱねたので、困った利政は、帰蝶の叔父である光安に帰蝶の思いを探らせたのです。

でも相変わらず役に立たない光安は、十兵衛に丸投げ&饅頭で買収。

十兵衛の口から帰蝶の気持ちを探ってほしいと頼むのです。

さすがの十兵衛もこれには「はぁ!?」と返しちゃいました。

さりげなく饅頭には、食べかけまで混じってたのが光安らしい(笑)

場面は再び十兵衛の館

駒(門脇麦)は子供たちを集めて、お手玉を披露しています。

東庵の助手になる前は、伊呂波太夫の一座で旅芸人をしていた駒。

その伏線かもしれませんね。

そこに戻ってきた十兵衛。

帰蝶の気持ちを確かめるために、話を持ちかけますが逆に帰蝶から頼みごとをされてしまいます。

政略結婚で土岐家に嫁に行った結果、幸せにはなれなかった帰蝶。

今回も政略結婚で織田家に行かねばならないので、周りを説得してほしいのだと言うのです。

帰蝶の願いその1。

今回の十兵衛は過労死しそうなほどのお願いラッシュ。

駒は牧に帰蝶が結婚するという噂を聞いたと話します。

牧は帰蝶の話しは国の重要なコトなので、軽々しく口にしてはいけないと釘を刺します。

でも優しい牧は女子はいずれ結婚するのだから、それが早いか遅いかの話、誰にでも訪れると駒をさとします。

マサムネ
ホント牧はみんなのお母さんだよね。

そこで駒が口にしたのは「それが出来ぬものはどうすればよいのでしょう」という言葉。

身分のコト、暮らし向きのコト、様々なワケがあり、嫁ぐことが叶わぬモノは…と遠い目をする駒。

うおおおおおお、駒ちゃん。

ココで十兵衛のお母さんに切り込んでいきますか!

思った以上に自分の気持ちにまっすぐなのね。

牧が何て返すのかドキドキしながら見守っていたら、十兵衛が登場し会話は打ち切り。

ぬおおおお、十兵衛、ココでも空気読めずか。

牧の話が聞きたかったよ。

十兵衛と光安は利政の城へ

二人は帰蝶から聞いた話を、利政に報告するため城を訪れます。

無言で足の爪を切る利政。

こーゆー場面の利政は、スゴイ威圧感を出しますよね。

演技とはいえ、見ているこちらも威圧されます。

これもひとえに、本木雅弘さんの演技の凄さかと。

利政は二人に、帰蝶を尾張に嫁がせるコトが正しいと思うか?と問います。

これに対して「正しいか分かりませぬ」と答えた十兵衛。

続けて「ですので帰蝶様を説得できませぬ」と思いのたけを爆発させます!

ええー!?帰蝶からも頼まれていたとはいえ、それをストレートに利政に言っちゃう?

利政はブチ切れ、十兵衛は帰っちゃうし。

光安はきっと生きた心地がしなかったコトでしょう(笑)

光安に呼び戻された十兵衛は再び利政の元へ。

今度は打って変わって、松永久秀(吉田鋼太郎)からお礼の文が届いたと十兵衛をホメます。

そして織田信秀と和議を結べば、美濃にはない海が近くなるのだと十兵衛に語ります。

海は巨万の富を生むことが出来る、そうすれば戦をせずとも国が豊かになり、平穏に暮らせるのだと。

そのために帰蝶を嫁に出さねばならぬと、十兵衛に話したのです。

かつて武田信玄も海のない甲斐の土地で、利政と同じように海を求めたと言います。

そこに気づいた利政は、先を見る目を持っていますね。


その流れで出てきた、御所の塀を修理する寄付の話。

どんだけ織田信秀が財を蓄えているかと思ったら想像以上だった。

だが帰蝶は一度イヤだと言ったら、利政が言っても聞かないらしい(笑)

そこで十兵衛に、帰蝶の説得を頼みたいのだと話します。

うーん、十兵衛はみんなの期待を集めすぎでしょう。

現代のサラリーマンだとしたら、板バサミのストレスで倒れる課長クラスと言ったところでしょうか。

マサムネ
この辺から、みんなのお願いラッシュが始まる。

そこへ久しぶりに斎藤高政(伊藤英明)から声がかかります。

利政の独断を許してはならない、美濃の守護である土岐家や国衆をないがしろにして、和議を結ぶなど言語道断だと。

織田信秀との愚かな和議を結ばせないためにも、帰蝶を嫁に行かせないようにと頼まれてしまいます。

尾張の守護でもない信秀との和議は、愚かだという高政たち。

ですが利政の話を聞いていた十兵衛は、和議が愚かだとは思えず苦悶します。

ただでさえ帰蝶と利政で板バサミなのに、ココにきて高政と言う板が更に追加されたら苦悶するのも当然。

先を見据える利政と、保守的で伝統を重んじる高政たち。

それぞれの言い分に一理あるものの、誰が正しいかなんて簡単に決められる話でもありません。

そんな難しい状況に置かれた十兵衛の表情が痛々しい。

職場で似たような経験を味わったマサムネも、十兵衛の気持ちが良くわかって堪えます。

再び場面は明智荘へ

化粧を楽しむ帰蝶と駒。

オシロイが濃いと言ってキャッキャ楽しんでいます。

この時代は今と違って身分の差もあり、帰蝶がお化粧で盛り上がるのもムズカシい状況だったかと。

そう思うと、こんな一場面でも感慨深いモノがあります。

そこへ十兵衛が帰ってきます。

十兵衛、ストレスがマッハで倒れないことを祈るばかり。

帰蝶はふざけて十兵衛に「旅がしたい、共をせよと」と口にします。(帰蝶の願いその2)

ですが十兵衛はツライ表情を浮かべるだけ。

それを見た帰蝶も何かをさとり、硬い表情に…。

二人のやり取りが切なすぎて、マサムネは目頭が熱くなり申した。

十兵衛のコトを思う帰蝶の気持ちが、語らなくとも伝わってきます。

帰蝶役の川口春奈さんは、代役としての緊張もほぐれてきましたね。

だんだんとイイ演技になってきています。

今回の十兵衛とのシーンは非常に良かったです。

そこから遂に語られる尾張のうつけ、織田信長(染谷将太)の話。

嫁に出される相手は、織田信秀の跡継ぎである織田信長。

帰蝶は信長が「うつけ」だと噂に聞いているが、どんな人物なのか知らないのだと語ります。

そこで信頼する十兵衛(涙)に信長を見てきてほしいと頼みます。(帰蝶の願いその3)

一連のやり取を見て思いましたが、だんだん帰蝶も駒同様に可愛く見えてきました。

麒麟がくるは、登場する女子の心情を描くのが上手ですね。

十兵衛は尾張へ

相変わらず行動が早い十兵衛は、家臣の藤田伝吾のツテで弥平(ウダ タカキ)という男につれられて尾張へ。

今回の十兵衛は、弥平にも身分を隠し、商人に変装してます。

ただ気になったのが弥平という男。

もしかしたら、後に明智光秀の重臣となる明智秀満(三宅弥平次)じゃないかと。

ちょっとしか出てきませんでしたが、要チェックです。

マサムネ
弥平ってイッパイ居そうだし、実は普通の村人だったりして。


尾張の市場に着いた十兵衛が見たのは、まるで堺のように市場が活気に満ち溢れた様子。

尾張には海があるので栄えている、そう言っていた利政の言葉にウソはありませんでした。

そして街中には、見慣れた男の姿がありました。

菊丸です。

織田信長の情報を得るのは難しい、そう思っていた十兵衛に、菊丸は信長の顔を見るのは簡単だと語ります。

織田信長は、毎日海へ漁に出ているのだと。

マサムネ
相変わらず尾張の情報に詳しい菊丸。
実は竹千代を守るために尾張に出入りしてるんじゃない?

色々な作品で「うつけ」信長の話は出てきますが、漁にでる織田信長というのは新しい。

漁から帰ってくるドヤ顔の信長で、今回の話は終わりますが、染谷将太さんの織田信長というのも新しいですね。

織田信長と言えば面長で迫力のあるイメージでしたが、麒麟がくるでは真逆の信長。

うーん、コレはどんな織田信長になるのか来週が楽しみですね!

では、また別の記事でお会いしましょう!マサムネでした!

マサムネ
6話の「感想」はココからドゾ↓↓
関連記事

松永久秀のイイ表情を探し始めたマサムネです。 6話では三好長慶と松永久秀が大ピンチ。 ソコに登場した、十兵衛と細川藤孝の殺陣がカッコよかった!   しかも戦っているシーンでは、衣装の鮮やかさに派手な[…]

マサムネ
8話の「感想」はココからドゾ↓↓
関連記事

帰蝶と駒の言動にドキドキしっぱなしのマサムネです。 麒麟がくる8話「同盟のゆくえ」は、帰蝶の嫁入りで美濃と尾張の同盟が決まる重要な話。 そして、裏で暗躍し始める土岐頼芸と斎藤高政。   不穏な雰囲気[…]

麒麟がくるの特集記事はココ↓↓

スポンサーリンク