【麒麟がくる:7話】戦国オタが簡潔に「ネタバレあらすじ」まとめたぜ!

今回は帰蝶に心打たれまくりだったマサムネです。

麒麟がくる7話「帰蝶の願い」は、斎藤利政と織田信秀の戦で織田軍が敗北する所から始まります。

敗北を切っ掛けに織田信秀は、斎藤利政と同盟を結ぼうとしますが、同盟の証として帰蝶の嫁入りを要求したのです。

 

というコトで7話では、同盟を結びたい斎藤利政と、嫁に行きたくない帰蝶との間で十兵衛は右往左往させられます。

国の行く末を想う利政、十兵衛にほのかな思いを寄せる帰蝶、そこでくだした十兵衛の決断は?

今回もイイなと思ったツイートと共に、ネタバレあらすじ&視聴率について語っていきたいと思います。

麒麟がくるの見逃しや、振り返りにお役立て下さい。

マサムネ
あらすじと感想の一覧はココ↓↓
関連記事

マサムネです。 麒麟がくるは明智光秀の物語。 主演は長谷川博己さんで、脚本は池端俊策さん。 原作はナシのオリジナルストーリーです。   明智光秀の若い頃はナゾが多く、織田信長を倒したことで有名[…]

スポンサーリンク

7話「帰蝶の願い」のネタバレあらすじ

先週の麒麟がくるで、サラッと斎藤利政と織田信秀の戦(いくさ)について語られていました。

その戦の続きから7話は始まります。

では早速、ネタバレあらすじをドウゾ。

美濃で戦が始まる。

斎藤利政[道三](本木雅弘)と織田信秀(高橋克典)は、西美濃の大柿城をめぐって戦をしていました。

結果は斎藤利政の勝利。

利政はかつて美濃の城であった、大柿城を奪還したのです。

織田信秀の敗因は、尾張国内にありました。

織田一族の一人、守護代である織田彦五郎(信友)が、信秀の持つ古渡城を攻めたのです。

そのせいで信秀は、斎藤利政との戦を中止し、尾張に戻るしか無かったのでした。

 

織田信秀の敵は、美濃の斎藤利政、駿河・遠江の今川義元、尾張国内の織田彦五郎(信友)の3人。

1度に3人を相手にするのは難しいと考えた織田信秀は、美濃の斎藤利政と手を組むことにします。

十兵衛は駒と共に美濃へ帰国。

十兵衛は母の牧(石川さゆり)に刀傷を心配されます。

駒の見立てでは回復してきており、心配ないと聞かされホッと一安心の牧。

便りで知らせるぐらいはしなさいと十兵衛を叱ります。

 

そこへ突然、帰蝶が訪ねてきます。

鶴を見る為に近くを通ったので、牧の顔を見に来たと言うのです。

そして帰国したのに挨拶もナシで、館に戻った十兵衛をで責め立てます。

帰蝶は鶴を見るためでなく、十兵衛に会いに来たのが見て取れるのですが、鈍い十兵衛は気づきません。

あろうことか十兵衛は、鶴を見るなら館からもっと遠い場所に行かねばならぬ。

こんな所に立ち寄っている場合では無いと言ってしまうのです。

それを見ていた牧は、話題を変えるために、駒が来ているのだと帰蝶に話します。

駒を気に入っている帰蝶は、さっそく館の中へ。

そして十兵衛には、叔父の光安が館に呼んでいると告げます。

どうやら光安から大事な話がある様で、十兵衛は光安の館へと向かうのでした。

光安の館に着いた十兵衛。

十兵衛は光安に、十兵衛の館に帰蝶が来ていると話します。

そして鶴を見に行くのに、ナゼ十兵衛の館に立ち寄るのかと不思議そうな顔をするのです。

そんな十兵衛を見て光安は、帰蝶様が本当に鶴を見たいと思うのか、良く考えてみよと返します。

それでも釈然としない十兵衛を尻目に、光安は話題を切り替え、本題に入ります。

 

織田信秀が同盟を結ぼうと言ってきたコト、それに斎藤利政が同意したのだと聞かされます。

十兵衛はコレで美濃に平穏が訪れると喜ぶのですが、叔父の光安は浮かない表情。

実は同盟には条件がありました。

織田家の嫡男である信長の嫁として、帰蝶を嫁がせるという条件が。

 

そこで斎藤利政は、帰蝶に嫁に行けと伝えるも、頑固な帰蝶はイヤじゃの一点張り。

自分の手に負えなくなった利政は、帰蝶の叔父である光安に説得を依頼したのだと言う。

話を聞いた十兵衛は、イヤな予感を感じたのか渋い表情。

光安は食べていた饅頭を十兵衛に差し出し、帰蝶と幼馴染の十兵衛なら話を聞くのは簡単だろう?

そう言って、十兵衛に丸投げするのでした。

自分の館に戻った十兵衛。

十兵衛は帰蝶に話を聞こうとしますが、逆に帰蝶から願いごとをされてしまいます。

尾張への嫁入りを阻止して欲しいのだと。

一度目の結婚は何もわからず利政に従ったが、ツライ思いしかしなかった帰蝶は、十兵衛に守ってほしいのだと告げます。

そんな話を聞かされて、十兵衛は帰蝶を説得できなかったのです。

帰蝶から聞いた話を報告しに、十兵衛と光安は城へ向かいます。

光安は出すぎた真似はせず、ありのままを報告せいよと十兵衛に念を押します。

不機嫌そうに爪を切る斎藤利政。

利政は二人に、帰蝶を嫁に出すのは正しいと思うか?と問います。

同盟の為なら、やむなしと答える光安。

十兵衛にも意見を述べよと利政が言うと、同盟はお互いの思惑で破られることがある、なので最初に切られるのは帰蝶だと語ります。

なので帰蝶のコトを考えると、今回の同盟が正しいかわかりませぬ、そう答えたのです。

 

コレを聞いた利政は、同盟の重要性が分かっているのか!と激怒。

だが帰蝶と同盟のどちらが重要なのかを判断できない十兵衛は、帰蝶の説得はムリだと答えます。

ならば用は無い、帰れ!と利政は十兵衛を怒鳴りつけたのです。

最初から人の意見を聞く気の無い利政に、カチンときた十兵衛はその場を立ち去ります。

慌てふためく光安に、十兵衛を連れ戻せ!と利政は言い放つのでした。

呼び戻された十兵衛は、利政から織田信秀と同盟を結ぶコトの重要さを聞かされます。

海が無い美濃が、海の恵み(魚や交易)を得ることで、富を得られる。

富を得れば、美濃を平穏な国にできるのだと。

同盟の重要さを知った十兵衛は、再び帰蝶の説得を任されるのです。

そこに斎藤高政(伊藤英明)から声が掛かります。

十兵衛が高政のもとを訪れると、多くの国衆(地元の有力者)が集まっていました。

そして十兵衛に、宿敵である織田信秀と同盟を結ぶのは愚かだと語ります。

高政たちは利政が、土岐家や国衆をないがしろにしているのが許せない様子。

同盟を阻止するためにも、帰蝶を嫁がせない様にと頼まれます。

ですが同盟の重要さを知った十兵衛は、同盟が愚かだとは思えず複雑な表情を浮かべるのでした。

十兵衛は館へと戻ってきます。

帰蝶は駒と化粧をしながら、楽しい時間を過ごしていました。

十兵衛は今日あったコトを話すために、帰蝶に声をかけます。

苦しげな表情を見せる十兵衛を見て、帰蝶は状況を察し、自ら語りだします。

うつけと呼ばれる織田信長がどんな人物なのか知りたい、信頼する十兵衛の目で確かめてほしいのだと。

後日、悲痛な帰蝶の願いを叶える為、十兵衛は尾張へ再び潜入します。

家臣の藤田伝吾に紹介された、弥平という男に連れられ、無事に尾張へ潜入できた十兵衛。

早速、織田信長の情報を得ようとしますが、誰からも情報が得られません。

困り果てていたところ、ふと見慣れた男が目に入りました。

ソコに居たのは菊丸。

 

十兵衛は正体がばれないように、織田信長の情報を知らないかと菊丸に尋ねます。

菊丸は織田信長の情報を知っており、信長は毎日漁に出ており、浜で合えると教えてくれたのです。

翌日、十兵衛と菊丸は、浜で漁から戻る織田信長を待っていました。

朝焼けの中、1隻の船が浜へと近づいて来ます。

その船に乗っていた男が、十兵衛の探していた織田信長だったのです。

7話「帰蝶の願い」のあらすじはココまで。

次回は織田信長が登場!

帰蝶の夫となる織田信長はどんな人物なのか?

麒麟がくるの織田信長は、今までのイメージとはガラッと変えてきそうなので楽しみです!

マサムネ
7話の感想も良かったらドゾ↓↓
関連記事

麒麟がくるに泣かされっぱなしのマサムネです。 麒麟がくる7話「帰蝶の願い」は、帰蝶の想いがジンワリ伝わってくる素敵なお話でした。 もちろんソレだけでなく、斎藤利政や息子の高政たちの思惑が入り乱れ、最後には織田信長が登場![…]

7話「帰蝶の願い」の視聴率とまとめ

7話の視聴率は15.0%。

6話と比べて1.2%もアップです!

一時は13%を割るかも?なんて不安もありましたが、麒麟がくるは面白いって広まってきたんですかね。

マサムネ
もっと色んな人が見てくれて、盛り上がると良いなあ。
では7話について、今回もまとめてみましょう。
・織田信秀は斎藤利政に同盟を打診
・斎藤利政は同盟を結びたいが、帰蝶の嫁入りが条件
・帰蝶は嫁入りを拒否、十兵衛にも嫁入り阻止を頼む
・利政は十兵衛に同盟の重要性を説き、帰蝶の説得を依頼
・高政と国衆は同盟に反対し、十兵衛を味方に付けようとする
・帰蝶は織田信長がどんな男か十兵衛に調査を依頼
・十兵衛は再び尾張へ潜入
次回8話のタイトルは「同盟のゆくえ」。
ついに登場した織田信長。
はたしてどんな人物なのか、そして帰蝶と同盟の行方は?
歴史で知ってるんですが、ワクワクしちゃうのが大河のイイところ。
8話が楽しみすぎます!
ではまた別の記事でお会いしましょう!マサムネでした!

マサムネ
6話のあらすじはココからドゾ↓↓
関連記事

今回も松永久秀が沢山見れて大満足のマサムネです。 麒麟がくる6話「三好長慶襲撃計画」は、伊平次が遊郭で三好長慶と松永久秀を襲う計画を耳にするトコロから始まります。 松永久秀に恩義の有る十兵衛は大慌て、襲撃計画を阻止するた[…]

マサムネ
8話のあらすじはココからドゾ↓↓
関連記事

帰蝶と駒の言動にドキドキしっぱなしのマサムネです。 麒麟がくる8話「同盟のゆくえ」は、帰蝶の嫁入りで美濃と尾張の同盟が決まる重要な話。 そして、裏で暗躍し始める土岐頼芸と斎藤高政。   不穏な雰囲気[…]

麒麟がくるの特集記事はココ↓↓

スポンサーリンク