【麒麟がくる:8話】あらすじとネタバレ感想!帰蝶と駒の想いに「切なさ」が炸裂したの

帰蝶と駒の言動にドキドキしっぱなしのマサムネです。

麒麟がくる8話「同盟のゆくえ」は、帰蝶の嫁入りで美濃と尾張の同盟が決まる重要な話。

そして、裏で暗躍し始める土岐頼芸と斎藤高政。

 

不穏な雰囲気の美濃ですが、それとは反対に帰蝶と駒が十兵衛に想いを伝えるドキドキな展開も。

もちろんダイレクトには口にしませんが、あの切ないやり取りがグッと来ました。

では今回も共感したツイートと共に、あらすじとネタバレ感想&考察を語っていきたいと思います。

マサムネ
あらすじと感想の一覧はココだよ↓↓
関連記事

マサムネです。 麒麟がくるは明智光秀の物語。 主演は長谷川博己さんで、脚本は池端俊策さん。 原作はナシのオリジナルストーリーです。   明智光秀の若い頃はナゾが多く、織田信長を倒したことで有名[…]

スポンサーリンク

8話「同盟のゆくえ」の簡単あらすじ

十兵衛(長谷川博己)と菊丸(岡村隆史)は織田信長(染谷将太)がどんな人物なのかを見定めるために、信長の帰りを待っていました。

そこへ漁を終えた信長が。

信長はみすぼらしい恰好をしており、自ら取った魚を切り身にして売り出します。

織田家の跡取りらしからぬ信長を見た十兵衛は、あっけにとられるだけであった。

マサムネ
あれだけ見たらタダの漁師だからね。

美濃に帰った十兵衛は、帰蝶(川口春奈)に何と伝えたら良いのか悩みます。

そこに現れたのは母の牧(石川さゆり)。

牧は本当に大事なのは「美濃の国」だと十兵衛を諭します。

意を決した十兵衛は、帰蝶に「尾張においきになされませ」と告げたのです。

帰蝶は苦悶の表情を浮かべる十兵衛を見て全てを察し、「十兵衛がそう言うのであれば是非もない」と涙を浮かべるのであった。

マサムネ
帰蝶の十兵衛に対する切ない想い、それが伝わる良いシーンです。

斎藤利政(本木雅弘)は帰蝶が嫁入りを承諾したと、十兵衛から聞き大喜び。

十兵衛を褒め称えるのでした。

帰路の途中で十兵衛は、斎藤高政(伊藤英明)と国衆に取り囲まれ、土岐頼芸の館へと連れて行かれます。

マサムネ
7話で高政たちから、帰蝶の嫁入りを止めるよう依頼されてたんだ。

土岐頼芸(尾美としのり)と高政たちに尾張との同盟を結ばせない様、再び帰蝶の嫁入りを阻止しろと迫られる十兵衛。

ですが十兵衛は尾張のように豊かな国と同盟を結び、その交易ルートを使えれば美濃も豊かになる。

戦をせずに豊かになれるのなら、尾張と同盟を結ぶべきだと言ってのけたのです。

十兵衛の話を聞いた土岐頼芸は、興ざめとばかりに席を立ち、集会は解散。

高政は十兵衛を信じていたのに、恥をかかされたと立腹するのでした。

マサムネ
高政は土岐頼芸と深芳野に、おもいっきり操られてるね…。

駒(門脇麦)が京に帰る日。

駒が十兵衛に話したのは、帰蝶のコト。

「本当は好きだったのではないか?」そう問われます。

「そうやもしれぬ」十兵衛が答えると、駒は涙を浮かべ京へと帰ってゆくのでした。

マサムネ
帰蝶に続いて駒の気持ちも十兵衛に伝わる大事なシーン。
ホント切ないの…。

帰蝶の嫁入りと同盟はわずか2か月で決定。

帰蝶は織田家に入ったモノの、輿入れの当日から夫となる織田信長が行方知れず。

家中が慌てふためく中、帰蝶は信長の突飛な行動に興味を示すのでした。

マサムネ
今回から「あらすじ」はこの記事に書いていくね。
分けても見づらいかなと思って。
スポンサーリンク

8話「同盟のゆくえ」のネタバレ感想と考察だぜ!

今週は満を持して、信長が登場する所から話が始まります。

コレは信長メインの話になるのか?と思いきや、帰蝶と駒の想いが炸裂した話でした(笑)

では早速、ネタバレ感想と考察について語っていきたいと思います。

今回もイイなと思ったツイートと合わせてご紹介していきます!

マサムネ
恋愛模様が描かれるのも、たまにはイイネ。

漁から戻ってきた信長

パッと見は今までイメージしていた信長っぽくない。

麒麟がくるの織田信長は今までとは違った描き方をすると聞いてましたが、やっぱり違和感を感じちゃいます。

なんとなく浦島太郎っぽくてカワイイ信長。

みすぼらしい姿で魚を売ってる辺りは、好き勝手やっている「うつけ」っぽさは感じますね。

マサムネ
どんな人物として描かれていくのか期待しちゃう。

そのころ明智荘の館では

十兵衛の昔話をする帰蝶と駒。

二人は叶わない十兵衛への想いを語り合う。

そして帰蝶は、自分を嫁に行かせたくなければ、信長がどんな男か調査を命じても行くはずがないと語ります。

だから駒が帰蝶に気兼ねする必要はないのだと。

見えないトコロでも、十兵衛はモッテモテですね。

なのに二人の気持ちに、一切気づいていないんだもんなあ。

あ~もどかしい(笑)

明智荘に戻ってきても家に入らない十兵衛。

尾張で見た信長のコトを、牧に語ります。

果たして帰蝶を、信長に嫁がせても良いモノかと。

マサムネ
信長は浦島太郎だったからね。
そりゃ悩む。

ですが牧は、本当に大事なのは美濃の国だと十兵衛に話したのです。

信長は身分が高いのに、魚を採ってきて切り売りしている人ですからね。

十兵衛には帰蝶が幸せになるビジョンは、見えなかったでしょう。

それを聞かされても牧は、国を第一に考えるべきだと言い切るあたりサスガは武家の嫁。

何を優先すべきか、普段からシッカリと考えているんでしょうね。

マサムネ
牧は駒や帰蝶も諭す、みんなの母ちゃんダヨネ。

十兵衛は意を決して、帰蝶に嫁に行くべきだと告げます。

帰蝶本人の気持ちよりも、美濃と言う国を思っての言葉。

それに対して、帰蝶は「十兵衛がそう申すなら是非もなかろう」と目に涙を浮かべながら答えるのでした。

好きな男から苦渋の表情で、嫁に行くべきだと語られた帰蝶の気持ちを思うと切なくなります。

帰蝶が言った「是非もなし」

「是非もなし」は織田信長が、明智光秀の謀反を聞いた時に、発したと言われるセリフなんです。

ただ「是非もなし」の解釈は様々なんですが、マサムネなりの解釈はこんな感じ。

「光秀という優秀な人物が謀反を起こしたのなら、最早これまで」信長はそう思ったと考えています。

そんな「是非もなし」を帰蝶にも言わせる、スタッフの粋な演出にグッときました。

スポンサーリンク

因幡山城に集まる三人。

十兵衛から帰蝶が嫁に行くと聞かされ、大喜びの斎藤利政。

ちょっと喜びすぎ(笑)

ホントに帰蝶には頭が上がらなかったんですね。

しかし今は眼中にもない織田信長が、斎藤利政に大きくかかわってくるんです。

息子である斎藤高政との確執が原因となり、まさかの「うつけ信長」を頼ることになるなんて。

この時の利政には想像もつかなかったコトでしょう。

そして十兵衛を呼び出す斎藤高政。

緊迫した雰囲気の中、帰蝶を嫁に行かせてしまった事を問い詰められます。

てっきり高政の意思で、十兵衛を問い詰めているのかと思いきや、裏に居たのは土岐頼芸。

マサムネ
う~ん高政、どうしちゃったの?
土岐頼芸のパシリみたいダヨ。

もうちょっと自分の意思を強く持った、カッコイイ高政を期待してたのに。

十兵衛に、国を治める者としての理想を語っていた高政はもう居ない…。

土岐頼芸の館に呼ばれる十兵衛。

帰蝶の嫁入りを止められなかったとして、土岐頼芸と高政から糾弾されます。

それでも十兵衛は織田家との同盟は、重要なのだと語ります。

同盟さえ結べれば、血を流さずに海を使った交易ができるのだと。

にもかかわらず、家柄や役職に固執する土岐頼芸たち。

終いには頼芸は、十兵衛への糾弾の途中で、鷹狩で疲れたからと席を立つ始末。

本当に美濃という国を思って、行動しているのはどちらなのか。

高政にも気づいてほしい…。

なぜ土岐頼芸と高政たちが、織田信秀を軽視するのか。

その訳は、尾張には守護を務める斯波家(しば)が居るのにソチラを無視して、ただの尾張の金持ちである信秀と同盟を結ぶのが納得いかないのです。

この時代は名ばかりの名家や役職、幕府の将軍である足利義輝ですら力を失っている状態。

実際には家柄に関係なく力をつけてきた、織田信秀や斎藤利政の様な人物が国の実権を握っていました。

なので織田信秀と斎藤利政の同盟が、実質の尾張と美濃の同盟になると理解できるハズなんです。

ですが古いしきたりに縛られた土岐頼芸たちには、成り上がり同士の同盟なんて認めることができなかったという訳です。

深芳野の館で語る二人。

高政は母である深芳野に、土岐頼芸との一件を話します。

父である利政が損得勘定で動く最低の男だと考え、自分の父親は土岐頼芸だと信じたい高政。

そんな高政に対して深芳野は、家督を継ぐまでの我慢だと高政を焚き付けるのでした。

マサムネ
深芳野も一癖も二癖もありそうだよね。
うまく高政をコントロールしてるし。

なぜ高政が土岐頼芸の子供だと思ったのか。

その理由は深芳野が斎藤利政の側室になる前は、土岐頼芸の妾(めかけ)だったコトに起因しています。

深芳野が妾だった時に、高政を妊娠していたのではないか?そんな疑惑があるんです。

マサムネ
深芳野の疑惑について詳しくはコチラをドゾ↓↓
関連記事

南果歩さんの演技に圧倒されたマサムネです。 麒麟がくるの深芳野は女の執念を感じさせますね。 例えば土岐頼芸がまだ自分のことを想っていると言いながらも、すぐに斎藤利政に色目を使う。 そんなドロドロした感じの女性です。[…]

スポンサーリンク

駒のために宴が開かれる。

京に帰るという駒の為に、牧が宴を開きます。

駒は感謝のしるしとして、十兵衛の父の形見である扇子を牧から渡されます。

う~ん、この扇子の写し方は、今後重要なキーアイテムになりそうな予感。

マサムネの勝手な予感ですが(笑)

例えば明智家の家紋が入ったモノを持っていれば、バックに武家がいると示せるので、お守りとして活躍するかも?

翌日、京に帰る駒を十兵衛は見送ります。

駒は十兵衛が帰蝶を見送らなかったのは、帰蝶のコトが好きだったのではないか?そう問いかけます。

「そうやもしれぬ」と返す十兵衛に、涙をこらえながら納得する駒。

帰蝶と駒、十兵衛の思いが交わることなくすれ違っていく。

そんな切ないシーンでしたね。

これでサスガのニブチン十兵衛も、駒の気持ちに気づいたのでは?

「なんで泣いてたんだろう?」とか十兵衛が口にしなくて良かった(笑)

マサムネ
十兵衛はいつも恋の話になると、「ん?」とか「え?」とか言ってるからね。

帰蝶は尾張に嫁いでゆく

同盟の話から、わずか2か月で嫁入りした帰蝶。

いかに織田信秀と斎藤利政が同盟を焦っていたのかが、2か月と言う期間から分かりますね。

矢に塗られた毒が、織田信秀の体を深く蝕んでいたんでしょう…。

マサムネ
跡継ぎは「うつけ」だしな。
自分が動けるうちに問題を解決したいって思うよね。

今川義元は松平広忠を呼び出す。

尾張と美濃が同盟を結んだのを契機に、今川義元は松平弘忠を使って、織田信秀を攻める事にします。

長年、尾張と揉めていた三河の松平家は、織田家に不満を持っており、今川義元はソコにつけ込んだのです。

松平広忠は竹千代(徳川家康)の父。

尾張に人質として取られている竹千代の運命や如何に。

マサムネ
もしかしたら菊丸は、この竹千代の件で活躍するのかも?

信長が行方不明

帰蝶は尾張に嫁ぐも、お相手の織田信長が行方知れず。

そんな中、大慌てしていた家臣は平出政秀。

今のトコロ織田信秀の腰ぎんちゃくとして活躍中ですが、今後は織田信長と深く関わっていく事になります。

マサムネ

麒麟がくるの平出さんは、小悪党&ポンコツっぽいし、愛されキャラになるのかな?

そして最後のシーン。

十兵衛が一人、お手玉をして物思いにふける。

駒の恋心に気づき、十兵衛は何を思うのか。

十兵衛には煕子(木村文乃)という妻になる女性が居ます。

駒は恋のライバル(帰蝶&煕子)を押しのけ、どう十兵衛と関わってくるのか…。

マサムネ
駒の気持ちを考えると、胸がキュッとなりまする。

8話のネタバレ感想と考察はココまで。

帰蝶と駒の気持ちも十兵衛に伝わり、恋愛模様にも一応の決着がついた8話でしたね。

ソレだけでなく土岐頼芸たちのアヤシイ動きや、今川義元と松平家など、物語が大きく動き出しそうな予感です。

そしてずーっと引っ張り続けてる織田信長。

早く活躍させて下され…。

マサムネ
来週こそはきっと信長が活躍するハズ!
でも菊丸に全部持ってかれそうな気もするんだよなあ。

8話「同盟のゆくえ」の視聴率とまとめ

8話の視聴率は13.7%。

なんと1.3%もダウンしちゃいました。

チョット信長の登場を、引っ張り過ぎた感があります。

帰蝶と駒の話は、ソレはソレで良かったんですけどね。

でも来週は信長と菊丸が活躍しそうなんで、視聴率も上がってくれるんじゃないかな。

マサムネ
特に菊丸の正体が判明しそうだからネ。
では最後に8話「同盟のゆくえ」について、サラッとまとめておきます。
・十兵衛が見た信長は「みすぼらしい漁師だった」
・十兵衛は美濃の国を第一に考え、帰蝶に嫁入りを決意させる
・利政は大喜びだが、高政と土岐頼芸から糾弾される
・駒は京へ帰る際に、十兵衛に想いを伝える
・美濃と尾張の同盟、その裏で今川義元と松平弘忠が戦の準備
・帰蝶は織田家に嫁入りするも織田信長が行方不明
次回9話のタイトルは「信長の失敗」。
帰蝶は信長に嫁入りしたばかりなのに、不安になるタイトルですね(笑)
帰蝶だいじょうぶかな…。

そして遂に、菊丸の正体が明かされそうな予感!

マサムネの予想は当たっているのか今からドキドキです。

ではまた別の記事でお会いしましょう!マサムネでした!

マサムネ
菊丸の正体を予想した記事も良かったらドゾ↓↓
関連記事

麒麟がくる4話で菊丸の正体にピーンときたマサムネです。 菊丸(岡村隆史)は、鉄砲について知っていたり、尾張の土地にも詳しいなど農民としては博識です。 史実には居ない、麒麟がくるオリジナルの人物ですが、なにやら忍者っぽい雰[…]

マサムネ
7話の「感想」はココ↓↓
関連記事

麒麟がくるに泣かされっぱなしのマサムネです。 麒麟がくる7話「帰蝶の願い」は、帰蝶の想いがジンワリ伝わってくる素敵なお話でした。 もちろんソレだけでなく、斎藤利政や息子の高政たちの思惑が入り乱れ、最後には織田信長が登場![…]

マサムネ
9話の「感想」はココ↓↓
関連記事

菊丸の正体が判明しそうでドキドキなマサムネです。 麒麟がくる9話「信長の失敗」は、長らく引っ張っていた織田信長がメインの話。 そして何より、菊丸の正体が判明しそうでワクワクしながら日曜日を待っていました。 &nbs[…]

麒麟がくるの特集記事はココ↓↓

スポンサーリンク