マサムネ日記:映画バードボックスを見た感想だぜ!

  • 2019年12月8日
  • 映画
  • 34view

最近は暑すぎてクーラーなしならヤセれるんじゃないと思ったら意識が遠のいてスグに止めたマサムネです。

あなたはこんなことしないと思いますが気を付けて下さいね。ホント。

ちなみにこの記事はネタバレ少なめですが、これから見ようと思っている方はスルー推奨です。

スポンサーリンク

NetflixのCMをみて気になっていたバードボックスという映画

お試し無料期間使えば見れるじゃない!と思いたったので早速登録してワクワクしながら見る事に。

予告を見た限りでは目隠しを取るとナニかに殺されてしまうので、視界の無い状態で逃げ惑うお話っぽいです。

この手の見えない敵が出てくる作品は結構好きだったりして、ゲームですがPCエンジンの「サイレントデバッカーズ」やサターンの「エネミー・ゼロ」も好物です。

なのでこのバードボックスもドキドキするような展開が待っているハズと楽しみに見始めました。

 

あの素晴らしい映画「ゼロ・グラビティ」のサンドラ・ブロックが主演ですし期待は高まる一方です。

迫力のある演技で謎の存在への恐怖心をあおりつつ、人間同士の争いなども交えながら先が読めない展開で物語は進んで行きます。

こんなに謎が多いナニかをどうやって解き明かしてくれるのか、最後には何が待っているのか、どうなるサンドラ・ブロックと胸が高鳴っていきます。

バードボックスと言うタイトルからも鳥に関する場面が見られたりするので、これがキーなんだなとか自然と意識させられます。

どんどんと盛り上がっていき

そしてサンドラ・ブロック達が危険の多い街から、謎の通信をもとに安住の地と思われる場所へと向かって到着するとナニかの存在が明らかになり、反撃が始まる!

と思いきや、そこでまさかの終了。

今までの伏線とかナニかの正体とか全部ぶん投げて終了。

ウッソだろ~最近の映画でちょっと話題にもなった映画なのにコレは悲しすぎる。

いや演技とかは確かに良かったし、想像の余地がある作品とか好きだけど、ただハラハラさせるこの終わりはツライ。

このバードボックスってタイトルは人間がナニかから逃げて、鳥かごの様な施設に押し込められてしまう様が、まさにバードボックス!って事なんでしょうけどね。。。

見終わった後にどひゃーって感じで叫んでしまったのは久しぶりでした。

とにもかくにも賛否が激しく分かれる作品だと思いますが、マサムネ的にはもちょっと説明してくれても良かったのにと思いましたとさ。

ではまた別の記事でお会いしましょう。マサムネでした!

スポンサーリンク