【麒麟がくる:4話】戦国オタが簡潔に「ネタバレあらすじ」まとめたぜ!

菊丸と駒が気になりだしたマサムネです。

4話では東庵の役目も終わったので、駒と一緒に京へ帰るのかと思いきや、ここで関わってくる織田信秀。

どうやら東庵もタダの医者ではなさそうで…。

また新たな展開が始まった4話でした。

 

今回も見逃してしまったアナタ。

ぜひ「あらすじ」をチェックして麒麟がくるを楽しみましょう!

あらすじの中では、気に入ったツイートも紹介してるので雰囲気も伝わるかと。

では4話のあらすじをドウゾ!

マサムネ
あらすじと感想の一覧はココ↓↓
関連記事

マサムネです。 麒麟がくるは明智光秀の物語。 主演は長谷川博己さんで、脚本は池端俊策さん。 原作はナシのオリジナルストーリーです。   明智光秀の若い頃はナゾが多く、織田信長を倒したことで有名[…]

スポンサーリンク

4話「尾張潜入指令」のネタバレあらすじ

尾張の織田信秀(高橋克典)は、駿河・遠江の今川義元(市川愛之助)に攻められながらも何とか撃退しました。

ですが織田軍は、大きな被害を出しており、織田信秀も負傷したのです。

場面は変わって美濃。

鉄砲の試し打ちをする十兵衛(長谷川博紀)

弓の名手である十兵衛でも、鉄砲を使って的に当てるのは難しい。

家臣の藤田伝吾にも、的に当たらないことを笑われてしまう。

そこへ叔父の光安(西村まさ彦)から、共に斎藤利政(本木雅弘)の城へ向かうようにと知らせが入ります。

光安と共に利政の元へ向かうと、医者の東庵(堺正章)も呼ばれていました。

東庵は小見の方の具合が良くなったので、まっすぐ京へ帰りたいと話します。

 

ですが東庵はウソをついており、それを見破る利政。

東庵に詰め寄りながら、京へ帰る前に尾張の織田信秀のもとへ向かうのだろうと問います。

実は東庵を不審に思った利政は、事前に東庵の身辺を調べていたのでした。

 

これには東庵もウソを認めるしかなく、尾張の織田信秀にスゴロクの賭けで負けた借金を返しに行くのだと白状します。

利政は東庵に織田信秀の体調を知らせよ、さもなくば首を切ると脅し、コレを了承させます。

東庵も修羅場を潜り抜けているのか、ただでは動きません。

利政に織田信秀への借金である10貫を肩代わりさせたのです。

ですが東庵が織田信秀の情報を渡す保証がないので、駒は人質にとられるコトに…。

尾張の織田信秀の元へ向かう東庵。

それに続いて十兵衛と菊丸も尾張へ向かいます。

東庵に何かあっても、織田信秀の情報を持ち帰る必要があったからです。

そう、人質となっている駒の為に。

十兵衛は、あらかじめ東庵と打ち合わせをして、尾張への潜入を決めていました。

菊丸も尾張に詳しいというコトで、十兵衛の共として同行します。

尾張に着いた東庵は、蹴鞠をする織田信秀の姿を見ます。

信秀は元気そうであり特に怪我をしているようには見えません。

しかし信秀の家臣である平出政秀から、矢傷を受けたのだと聞かされます。

蹴鞠を終えて戻った信秀は、京の上流階級と交流を持つために蹴鞠をしているのだと話します。

 

スゴロクを始める信秀と東庵。

信秀は東庵に、斎藤利政から何か言われてきたのではと問います。

信秀の体調を調べる様に言われたと、正直に話す東庵。

ですが信秀は矢傷を隠そうとせずに東庵にみせ、傷の痛みは問題ない、ただ夢でうなされるのだと語ります。

傷を見た東庵は、ナニかを隠している様子。

 

そんな東庵に信秀は、次は美濃の情報を渡せと迫ります。

緊張した空気が流れる中、東庵に客が来ているとの知らせが。

席を立とうとする東庵でしたが、信秀は東庵を引き留め、しばらく二人のスゴロクが続くのでした。

スポンサーリンク

一方、東庵を待つ十兵衛と菊丸。

二人は物売りとして織田信秀の城に来ていました。

東庵に待たされる二人でしたが、そこに少年が現れ、自分を連れ出してくれと語ります。

少年の名前は竹千代。

後の徳川家康です。

人質として織田信秀の城で暮らしているが、母の住む三河に帰りたいと言うのです。

 

十兵衛は織田の城は警戒されているので、連れて抜け出すのは難しいと告げます。

また三河の国の現状を考えて「今は耐えるのです」そう語ったのでした。

悲しそうな竹千代に、十兵衛は持っていた干し柿を渡して城内に帰らせます。

コレを見ていた菊丸は、三河と言う国は織田と今川に挟まれて、生き残るのに必死なのだと語ります。

菊丸は三河の人間なので、想うところがある様子。

そこへ東庵がやってきて、十兵衛と菊丸に織田信秀の情報を伝えます。

信秀は重症であると。

重要な情報を手に入れた十兵衛と菊丸は、スグに美濃に向かいます。

ですが織田信秀は、東庵の動きを不審に思っており、十兵衛と菊丸に刺客を放っていたのです。

森の中で刺客に取り囲まれる十兵衛と菊丸でしたが、十兵衛は敵の刀を奪って奮戦。

菊丸を逃がすコトに成功します。

だが十兵衛を囲む敵は10人近く残っています。

逃げる十兵衛でしたが刺客に囲まれ絶体絶命のピンチ。

 

そこへ石を投げて十兵衛を助けるナゾの集団が登場します。

刺客が石で戸惑ったスキを見て、十兵衛は逃げ出すことに成功。

なんとか菊丸とも合流できました。

菊丸に謎の集団について話す十兵衛でしたが、菊丸は何も見ていない様子。

不思議に思いながらも二人は、急ぎ美濃へ帰るのでした。

斎藤利政は十兵衛の持ちかえった、織田信秀の情報に大喜び。

これで東庵と駒は晴れて自由の身になりました。

十兵衛は大喜びで駒に、京へ帰れるようになった、良かった良かったと伝えますが、駒は不満顔です。

十兵衛様はワタシが京に帰るのがそんなに嬉しいのかと、拗ねた表情。

京に帰れるのを喜ばれすぎて、ちょっと寂しいのだと。

駒は「しばらく美濃に残ります!」と十兵衛に告げて立ち去ります。

コレを見た十兵衛は、訳が分からず戸惑うばかり…。

後日、再び斎藤利政から十兵衛は呼び出されます。

どうやら鉄砲の情報を持った僧がいるらしく、同席しろと言うのです。

そこで僧から聞かされたのは、京の本能寺は鉄砲を流通させているとの情報。

しかも幕府の将軍である足利義輝が関わってるのだと。

話を聞いていた十兵衛が気になったのは、鉄砲を誰が作っているのか。

でも僧からは、鉄砲の作り手の情報は得られませんでした。

 

場面は変わって、再び十兵衛は鉄砲の練習を始めます。

前回の練習では甲冑に玉を当てられなかった十兵衛でしたが、練習の成果もあり、見事に甲冑を打ち抜きます。

それを見ていた十兵衛の家臣である藤田伝吾もビックリ。

二人は甲冑に穴が開いている事を確認し、鉄砲の威力に驚きが隠せないのでした。

5話へ続く。

マサムネ
4話の感想も良かったらドゾ↓↓
関連記事

だんだん駒が可愛く見えてきたマサムネです。 麒麟がくるの4話を見ると、東庵先生はタダの博打好きな医者じゃなさそうですね。 オリジナルな人物なだけに、どんな過去があるのか気になります。   他にも十兵[…]

スポンサーリンク

4話「尾張潜入指令」のまとめと視聴率

視聴率は13.5%

裏番組で羽生結弦選手が活躍したフィギュアスケートが放送されてました。

それでも視聴率は13%超えてるので、麒麟がくるも人気ありますね。

マサムネ
麒麟がくるは面白いもんな。
フィギュアみたいな人気番組が来ても負けないぜ!
では最後に4話「尾張潜入指令」についてまとめてみます。
ちょっと振り返りたいときにご活用くださいませ。
・東庵は織田信秀とも繋がりがあった
・斎藤利政は東庵に織田信秀の情報を渡す様に脅す
・東庵は織田信秀が重傷だと知り美濃に情報を流す
・利政は情報に満足し、東庵と駒は自由の身に
・京の本能寺では足利義輝が鉄砲を流通させているとのウワサが
次回は「伊平次を探せ」。
十兵衛は京都に向かう模様。
そこで再び松永久秀(吉田鋼太郎)が登場します。

なかなか面白い人物なので、十兵衛とのやり取りが今から楽しみです。
ではまた別の記事でお会いしましょう!マサムネでした!
マサムネ
3話のあらすじはココからドゾ↓↓
関連記事

利政の行動にサスペンス劇場っぽさを感じたマサムネです。 美濃の国というタイトル通りに、国内で色々な思惑が動いた3話でした。 コレからの伏線も出始めてるので、3話を見逃した人はぜひ参考にして下さいな。 マサム[…]

マサムネ
5話のあらすじはココからドゾ↓↓
関連記事

松永久秀がどんどん魅力的に見えてきたマサムネです。 麒麟がくる5話「伊平次を探せ」は鉄砲について知識を高めたい十兵衛があちこち奔走。 細川藤孝と足利義輝という物語で重要になってくる人物も登場しました。 彼らが十兵衛[…]

 

麒麟がくるの特集記事はココ↓↓

スポンサーリンク