【麒麟がくる:6話】ネタバレ感想と考察!十兵衛の熱いセリフに目頭も熱くなるぜ!

松永久秀のイイ表情を探し始めたマサムネです。

6話では三好長慶と松永久秀が大ピンチ。

ソコに登場した、十兵衛と細川藤孝の殺陣がカッコよかった!

 

しかも戦っているシーンでは、衣装の鮮やかさに派手な演出が加わって、更にカッコイイ!!

駒も告白とも取れるようなセリフを言っちゃうし、ドキドキな6話でした。

では今回も簡単なあらすじと、ネタバレ感想と考察を語っていきますね。

マサムネ
あらすじと感想の一覧はココ↓↓
関連記事

マサムネです。 麒麟がくるは明智光秀の物語。 主演は長谷川博己さんで、脚本は池端俊策さん。 原作はナシのオリジナルストーリーです。   明智光秀の若い頃はナゾが多く、織田信長を倒したことで有名[…]

スポンサーリンク

6話「三好長慶襲撃計画」の簡単あらすじ

伊平次に鉄砲を分解してもらった十兵衛[明智光秀](長谷川博己)。

これで鉄砲の仕組みが分かると喜んでいた時、伊平次が松永様の身が危ういと呟く。

伊平次は遊郭で、三好長慶(山路和弘)と松永久秀(吉田鋼太郎)の暗殺計画を漏れ聞いたのだと言う。

 

十兵衛は急ぎ、松永久秀の館を訪れるも不在。

困った十兵衛は、三淵藤英(谷原章介)と細川藤孝(眞島秀和)に相談することに。

話を聞いた細川藤孝は手を貸そうとしますが、三淵藤英は拒否。

三淵は細川晴元が仕組んだ暗殺計画だと感づき、細川家の内輪もめに手を貸す必要は無いと断ります。

マサムネ
三好長慶と松永久秀は、細川晴元の家臣。
力をつけて邪魔になった二人を暗殺しようってコトだね。

十兵衛は将軍が家臣同士の争いを見てみぬふりをするなら、平和な世の中は来ないではないかと三淵に進言。

それでも首を縦に振らない三淵を見て、十兵衛は館を去ります。

一部始終を裏で聞いていた将軍の足利義輝(向井理)は、十兵衛に協力するように三淵と藤孝に告げるのです。

 

歌の会で三好長慶と松永久秀の暗殺計画は実行される。

十兵衛は急ぎ、歌の会が開かれている館へと向かいます。

そこへ細川藤孝が合流。

三淵と共に暗殺計画の阻止に、協力を申し出るのです。

 

そのころ、歌の会は終わりを迎えようとしていました。

そこへ複数の刺客が突入し、三好長慶と松永久秀に襲い掛かります。

三好長慶が切られそうになった瞬間、敵を切り伏せたのは十兵衛と細川藤孝。

三淵藤英も駆けつけ、間一髪で三好長慶と松永久秀を逃がすことに成功します。

マサムネ
細川晴元は逃げる二人を見て悔しがってたぜ。

だが十兵衛は肩に刀傷を受けており、治療のために東庵のもとへ。

十兵衛は意識を失うぐらいの重傷で、2日間眠り続けます。

意識を取り戻した十兵衛のもとに、細川藤孝が現れ、共に京を立て直さないかと誘います。

ですが、その誘いを断る十兵衛。

十兵衛は美濃が京と同じように乱れていると語り、美濃が安定したら再び京へ訪れると約束します。

 

動けるようになった十兵衛は、美濃に向かいますがナゼか駒(門脇麦)も同行。

駒は東庵から、傷が癒えない十兵衛の手助けをする様に言われたのだと話します。

十兵衛は困りつつも了承し、二人は美濃へと向かうのでした。

マサムネ
もっと詳しいあらすじはコチラからどうぞ↓↓
関連記事

今回も松永久秀が沢山見れて大満足のマサムネです。 麒麟がくる6話「三好長慶襲撃計画」は、伊平次が遊郭で三好長慶と松永久秀を襲う計画を耳にするトコロから始まります。 松永久秀に恩義の有る十兵衛は大慌て、襲撃計画を阻止するた[…]

6話「三好長慶襲撃計画」のネタバレ感想と考察だぜ!

前回に引きつづき、松永久秀が登場!

相変わらずの良い表情を見せてくれました。

そして前回はスレ違うだけだった十兵衛と駒も再開。

盛り上がるのかと思いきや、やっぱり十兵衛は鈍すぎでした(笑)

では今回もイイなと思ったツイートと共に、6話の感想を語っていきたいと思います。

松永久秀のもとに訪れた三好長慶

主君の細川晴元(国広富之)は、三好長慶が謀反を起こすんじゃないかと疑心暗鬼になっている模様。

三好長慶は命を狙われる可能性が。

それでも三好長慶は、連歌会に出席するのを楽しみにしていました。

マサムネ
命の危険を顧みず、歌を優先しちゃう三好長慶。

この時代は下剋上も多かったので、細川晴元が疑心暗鬼になるのも不思議じゃないんです。

特に三好長慶は細川晴元に匹敵する力をつけていたので。

ちなみに細川家のエライ順は、

・細川晴元(1番エライ)
・三好長慶
・松永久秀

コレからも出てくる主従関係なのでお忘れなく。

マサムネ
時代劇は主従関係が分かりにくいからネ。
登場人物の記事もよかったらどぞ↓↓
関連記事

NHK大河は戦国時代がテーマの時に、一番盛り上がるマサムネです。 2020年1月スタートの大河「麒麟がくる」は戦国武将の明智光秀を主人公とした、戦国時代の大河ドラマです。   マサムネは戦国時代好きなので[…]

しっかし三好長慶は、身の危険を感じても連歌会にでちゃうくらい歌好き設定とは。

史実でも三好長慶は教養があり、詠んだ歌も残っているコトから、歌好き設定が採用されたのかも。

そして松永久秀はお供するのに何故ニヤリとするのか。

三好長慶のお供できてウレシイ!なのか、はたまた「三好長慶を亡き者に」なーんて思ってたりして。

鉄砲を分解する伊平次

分解された鉄砲を見て「美しい」とホメる十兵衛。

松永久秀も同じように美しいとホメていたそうな。

史実では十兵衛と松永久秀は教養を持った人だったので、ちょっとした場面を使って二人の教養の高さを表現してます。

マサムネ
麒麟がくるの、こう言う人物の描き方がスキ。


伊平次は、三好長慶と松永久秀の暗殺計画を遊郭で聞いたと語ります。

そんな重要な計画を遊郭でする?なんて思うかもしれませんが、身バレしにくい遊郭は秘密の会議に使われていたそうな。

まあ、隣に聞こえるくらいの大声で、暗殺計画を話すのはウカツすぎですが(笑)

マサムネ
この辺は話の都合ってコトで。

十兵衛は、暗殺計画を知らせに松永久秀の元を訪れるも不在。

次に向かったのは三淵藤英の館。

そこでは能が披露されていました。

演目は敦盛。

敦盛と言えば、織田信長が大好きだった演目だと言われてます。

「人間五十年、下天のうちをくらぶれば、夢幻の如くなり」ってのも敦盛です。

十兵衛は松永久秀の敵であった三淵藤英、細川藤孝に助けを求めたのです。

本気で松永久秀の身を案じてたんでしょうね。

こーゆう十兵衛の義理堅いところスキ。

ちなみにチョット分かりにくい将軍家と細川家の関係をまとめてみます。

将軍家:足利義輝、三淵藤英、細川藤孝
VS(今は和解中)
細川家:細川晴元、三好長慶、松永久秀
京篇はコノ関係を抑えておかないと、混乱してくるのでご注意ください。
足利将軍家は、細川晴元に京から追い出された経緯があり、今は和解して京へ戻ってます。
なので将軍家と細川家はホントは仲が悪いのです。
マサムネ
将軍家は武士をまとめる大ボスみたいな存在。
それを追い出すくらい細川晴元が力をつけてるんだぜ!

そんな将軍家のお偉いさんである三淵に、十兵衛は三好長慶と松永久秀の救援依頼をしたんです。

いかにムチャかが分かって頂けるかと。

とーぜん三淵に断られますが、ここで語った十兵衛のセリフがカッコイイ!!

ちょっと長いですが引用してみました。

私が幼き頃、父から教わったのは、将軍は武家の統領であらせられるというコトです。

全ての武士の頭であり、武士の鏡であり、武士を一つにまとめ、世を平らかに納めるお方であると。

今この世は平らかではございませぬ。

この京でも、将軍のおひざ元で、ご家臣がたが争われている。

それに目をふさぎ、背を向けて、関わりなしと仰せになる。

それでは我ら武士が、一つに纏まる手立てが無いではありませぬか。

将軍が争うなと一言、お命じにならねば、世は平らかにはなりませぬ。

三淵殿が将軍のお側においでのお方ならば、その様にご進言いただきたい。

これは私情で申し上げているのではありませぬ。

武士の一人として、お願い申し上げているのです。

もうね、このセリフ聞いた時、目頭が熱くなりましたよ。

色々な思惑が渦巻いている京で、青臭いだけのセリフかもしれませんが、武士としての信念を持った十兵衛のセリフは強く胸を打ちました。

将軍や三淵を侮辱しているとも取られかねないのに、十兵衛は平穏な世の中を思って、己の身を顧みずに進言するその姿が眩しい!

マサムネ
こんな生き方が出来る十兵衛に憧れるぜ!
そして公式が動画にしてくれたヨ。
何度見ても泣けるの。


そして三淵の表情。

色々な事情で動けなくなっている自分と、十兵衛の言葉との狭間で揺れている。

そんな雰囲気を感じさせる演技が、とても良かった。

十兵衛と三淵の話を、たまたま聞いてしまった将軍、足利義輝の心情は複雑だったでしょう。

将軍家が力を失い、その責務を果たせなくなっていたのですから。

足利義輝は三淵たちに十兵衛を手助けするように命じます。

単純に三好長慶と松永久秀に貸しを作る、そんな思いではなく、十兵衛の気持ちに向き合った結果だと信じたいです。

スポンサーリンク

開かれる連歌会。

三好長慶は歌を詠めて、大満足な表情。

長慶さんは荒くれなイメージだったけど、麒麟がくるでは歌が好きな唯のオジサンになってます(笑)

そしてヒマしまくりで、眠そうなお供の松永久秀。

ほんと松永久秀はイイキャラしてます。

こんな感じなのに最後は壮絶だと思うと切ない。

暗殺に来た刺客も鮮やかな衣装。

いつみても麒麟がくるの衣装はステキ。

だいぶ違和感もなくなってきて、すっかり慣らされてます(笑)

そのうえ、襲撃シーンも無駄に鮮やか!

正直、嫌いじゃないです。

襲撃中に殿(三好長慶)を気遣う松永久秀。

なんか余裕たっぷりに見えて笑えます。

むしろ襲撃成功した方が良かったのかなってくらい(笑)


そこに登場する十兵衛と藤孝!

二人の活躍はカッコ良かったですね!

なんかゲームに出てくる合体技みたいだと思ったのはマサムネだけでしょうか。

マサムネ
このシーンも公式が動画にしてくれたぜ!
むっちゃカッコイイから見ておくれ。
最後の斬る音が超ゲームみたいで良き。

無事に三好長慶と松永久秀を逃がした十兵衛たち。

三淵さんも後から登場して活躍。

無事に襲撃計画を防いだのも束の間、十兵衛は肩に傷を負ってしまいます。

東庵に会いに行く十兵衛。

東庵の居場所を知っている人に、案内してもらう十兵衛。

怪我の応急処置しないのは何故なのか(笑)

かなり重症になってるし、もっと十兵衛のことを考えてあげて…。

結局、十兵衛は東庵の屋敷の前で倒れる始末。

二日も意識不明になるなんて、ムッチャ重症じゃないの。

駒が意識を取り戻した十兵衛を見て、東庵のことを「先生が薬師如来に見えます」と言ってましたが、薬師如来とは怪我や病気を治す薬をくれる仏様のことです。

マサムネ
ちなみにスゴロク大明神は存在しないヨ。

そして駒、もう直球で十兵衛に告白してるじゃない。
「3日でも4日でも、ずっとお側におりまする、そうずっと…」
「変だけれど、ちょっと楽しゅうございます。こうしてお側にいるのが」って。
だがしかし、話している途中で寝ちゃう十兵衛であった。
駒は十兵衛に会えて嬉しそうだけど、二人の身分の差を考えると切ないなあ。
マサムネ

史実では十兵衛には煕子という奥さんがいるし…。
もしや煕子の前に奥さん居た説を採用するのかな?

そこへ細川藤孝が、松永久秀からのお礼を持って現れます。

襲撃されたせいで動きが取れない松永久秀は、三淵を通して十兵衛にお礼を届けたのです。

でも茶器?の中には、水あめがタップリ。

前回の泥酔事件をシッカリ覚えていた、松永久秀のお茶目なお礼。

お酒を入れずに、お前は酒癖悪いから甘いモノでも舐めておけってコトでしょうね。

ほんと松永久秀は茶目っ気たっぷりなキャラでヨイなあ。

しかし水あめに興味を示したのは駒(笑)

マサムネ

でもマサムネは、水あめで思い出すのが一休さん。
ツボに入っているのは毒って話のヤツ。

細川藤孝は十兵衛に、京の復興の為に協力をしてくれないかと頼みます。

だが十兵衛は、美濃も同じように荒れているので、美濃が落ち着いたら京に戻ってくると約束します。

それを聞いてた駒が、十兵衛が京に長居するかも!からの、やっぱり帰っちゃうんだショボーンって感じを、表情だけで表現しててイイ。

西美濃で戦が始まる

織田信秀(高橋克典)に取られていた大柿城を、斎藤利政(本木雅弘)が取り返しに出陣。

大きな戦シーンがまた見られちゃうのかと期待したら、あっさり落城しちゃいました。

もうちょい戦を見たかったなあ。

マサムネ
予算かかるから仕方なしダヨね。

そして美濃に帰る十兵衛。

十兵衛の怪我を思って、駒が美濃へ付き添うコトに。

十兵衛は美濃まで付き添う必要はないと、駒を京へ帰らせようとします。

ですが、駒に簡単に言いくるめられる十兵衛(笑)

最後に仕方なく「…はい」と諦めるやり取りがスキ。

夜を迎えてお寺に泊まる二人。

駒が作ってきたオニギリを食べますが、サイズが大きい!

でも笑顔で食べる二人を見てると、質素なオニギリも美味しそうなんだよな。

駒は寒い夜に、羽織るモノなしで寝ようとする。

でも十兵衛は、駒が寒そうなのが気になって寝れません。

そりゃ、そうだよね。

マサムネだってそう思います。

とはいえ、身分が重視される時代なんで普通の人は気にしないでしょう。

そこを気にしちゃうのが十兵衛の優しいところ。

マサムネ
だが十兵衛よ。
恋する乙女に「一緒に寝よう」な発言はマズかろう。
複雑な乙女心に対して、相変わらずのニブチンな十兵衛は、そのまま寝てしまうのであった。
これゼッタイ駒は寝不足だよね。
そして先週の牧(十兵衛の母)の駒への気遣いは、十兵衛によって無駄になってゆくのです。

これで6話「三好長慶襲撃計画」の感想はお終いです。
次回は7話「帰蝶の願い」では、海が欲しい利政は帰蝶を織田家に嫁がせる様で。
ついに織田信長も登場しそうです。
ちなみに麒麟がくるの織田信長は、今までとは違ったイメージになるそうな。
どんな織田信長を染谷将太さんが演じてくれるのか、今から楽しみです。
ではまた別の記事でお会いしましょう!マサムネでした!
マサムネ
織田信長について語った記事も良かったらドウゾ↓↓
関連記事

染谷将太と言えば織田信長よりも、映画寄生獣のイメージなマサムネです。 織田信長と言えばキリっとした精悍な顔立ちで、ムチャな行動をしつつも頭が切れる、そんなイメージではないかと。   麒麟がくるで織田信長役[…]

マサムネ
5話の「感想」はココからドゾ↓↓
関連記事

新しい登場人物が多くてワクワクしたマサムネです。 5話「伊平次を探せ」は細川藤孝、足利義輝が登場。 あの気さくな松永久秀も活躍します。   その上、関の孫六や国友など、当時の武器についての話も出てき[…]

マサムネ
7話の「感想」はココからドゾ↓↓
関連記事

麒麟がくるに泣かされっぱなしのマサムネです。 麒麟がくる7話「帰蝶の願い」は、帰蝶の想いがジンワリ伝わってくる素敵なお話でした。 もちろんソレだけでなく、斎藤利政や息子の高政たちの思惑が入り乱れ、最後には織田信長が登場![…]

麒麟がくるの特集記事はココ↓↓

スポンサーリンク