【麒麟がくる:4話】ネタバレ感想!クセモノ東庵より菊丸のがタダモノじゃない感増したぜ

だんだん駒が可愛く見えてきたマサムネです。

麒麟がくるの4話を見ると、東庵先生はタダの博打好きな医者じゃなさそうですね。

オリジナルな人物なだけに、どんな過去があるのか気になります。

 

他にも十兵衛を助けた謎の集団が出てきたり、本能寺というキーワードも登場した目が離せない4話でした。

今回も簡単なあらすじを始めとして、気になったツイートと共に4話の感想を語っていきたいと思います。

マサムネ
あらすじと感想の一覧はココ↓↓
関連記事

マサムネです。 麒麟がくるは明智光秀の物語。 主演は長谷川博己さんで、脚本は池端俊策さん。 原作はナシのオリジナルストーリーです。   明智光秀の若い頃はナゾが多く、織田信長を倒したことで有名[…]

スポンサーリンク

4話「尾張潜入指令」の簡単あらすじ

今日も鉄砲の練習をしている十兵衛(長谷川博己)。

そこへ斎藤利政(本木雅弘)のもとに来るようにとの知らせが入ります。

利政の前には東庵(堺正章)が呼び出されており、京に帰る前に利政から話があるとのコト。

 

実は利政は秘密裏に東庵について調べており、これから東庵が尾張の織田信秀(高橋克典)の元に立ち寄ると知っていました。

そこで利政は、東庵に織田信秀の体調について分かった事を知らせろと脅します。

渋る東庵でしたが、織田信秀への借金である10貫を肩代わりするなら情報を渡すと言い、利政は了承するのです。

 

東庵が尾張へ向かった後、十兵衛と菊丸も織田信秀の情報を美濃に持ちかえる為に尾張へ。

東庵は織田信秀に死が迫っている事を察し、十兵衛と菊丸に情報を渡します。

ところが東庵の動きを察した織田信秀は、十兵衛と菊丸に刺客を放っていたのです。

 

追い詰められた十兵衛と菊丸でしたが、ナゾの集団の助けがあり、無事に美濃へ帰国。

十兵衛たちが持ちかえった、織田信秀の情報に大喜びの利政。

これで東庵と駒は自由の身になったのです。

マサムネ
もっと詳しいあらすじはココからドゾ↓↓
関連記事

菊丸と駒が気になりだしたマサムネです。 4話では東庵の役目も終わったので、駒と一緒に京へ帰るのかと思いきや、ここで関わってくる織田信秀。 どうやら東庵もタダの医者ではなさそうで…。 また新たな展開が始まった4話でし[…]

4話「尾張潜入指令」のネタバレ感想だぜ!

今川義元(市川愛之助)と織田信秀(高橋克典)の戦はカットされてションボリです。

今川義元と太原雪斎(伊吹吾郎)は前回の予告で大物感だしてたのに。

まあ、戦のシーンは製作費すごそうなんでいたしかたなしです。

十兵衛は斎藤利政に呼び出される。

東庵先生(堺正章)はちゃんと小見の方(片岡京子)の治療してたのね。

しかも小見の方が瀕死だったのに、持ち直すとかホントに名医みたい。

そして斎藤利政の東庵への問い詰め。

顔近すぎ(笑)

だけど相変わらず利政はコワイですね。

東庵について全て調査済み、そのうえ織田信秀の容態まで調べさせるとは。

この抜け目のなさがブレなくて良いなあ。

そんな利政にも負けない東庵先生。

あのドケチ利政に借金の肩代わりさせるのスゴイです。

色々な大名と知り合いみたいだし、東庵もかなりの修羅場を潜り抜けてそうですね。

そして10貫ってどれ位か気になったのですが、こんなツイート見つけました。

今の60万くらいに相当するんですね。

東庵先生はかなり負けが込んでるんで、自分のギャンブル中毒も治してください(笑)

東庵先生アッサリ尾張に到着。

織田信秀から蹴鞠や和歌の話が出るとはビックリ。

ちゃんと京を意識した場面も盛り込まれてて流石ですね。

この時代は京の力がまだまだ強かったので、地方の人間は京の上流階級に馴染めるように頑張ってたんです。

史実の明智光秀も歌や茶に詳しかったので、十兵衛が勉強するシーンも出てきそう。

尾張に潜入してきた十兵衛(長谷川博己)と菊丸(岡村隆史)。

どーみても兄弟はムリがあるでしょう(笑)

でも二人が一緒にいるシーンは、見てて楽しい。

菊丸には長く出演してほしいな。

スポンサーリンク

ついに出てきた竹千代[徳川家康]!

まだまだ子供でカワイイ。

十兵衛が竹千代に言った「今は耐えるのです」このセリフがジーンときました。

ここから竹千代は人質生活がしばらく続くので、知ってるだけに十兵衛のセリフが余計染みます。

そして菊丸が語った三河の現状。

織田と今川に挟まれた三河は、生き残るのに必死だと。

諦めずに必死になるって大切だよね。

この後、三河から天下人が出るんだから諦めちゃいけません。

十兵衛と菊丸は、東庵から織田信秀の情報を貰う。

だけど織田信秀も甘くない。

十兵衛と菊丸は危うく切られそうになるけど、謎の集団に助けられました。

んー、この集団は誰だろう。

菊丸は忍びの頭領だったりするのか、それとも別の集団なのか。

マサムネ
菊丸の正体を予想してみたぜ!よかったら見てね↓↓
関連記事

麒麟がくる4話で菊丸の正体にピーンときたマサムネです。 菊丸(岡村隆史)は、鉄砲について知っていたり、尾張の土地にも詳しいなど農民としては博識です。 史実には居ない、麒麟がくるオリジナルの人物ですが、なにやら忍者っぽい雰[…]

十兵衛と菊丸は美濃に帰国。

駒(門脇麦)は菊丸から真実を聞かされても、東庵はスゴロクをしたいから黙って出かけたと勘違い。

そのうえ、京へ無事に帰れるぞと喜ぶ十兵衛に、ちょっとプンすかしちゃう駒がカワイイ。

十兵衛のことを好きとまでは行かないまでも、気になってそうですね。

史実では明智光秀の妻として煕子がいるので、駒とはどんな展開になるのか今からドキドキ。

しかし麒麟がくるは、さっきまでシリアスだったのに、急にホッコリを混ぜてくる。

そんな作りが飽きさせなくてイイですね!

さりげに挿入される美濃の街並み。

いつみても鮮やかな色が素敵ですね。

なーんて思ってたら、本能寺の話がこんな序盤で出てくるとは!?

しかも本能寺が鉄砲を作らせてるとな!

しかも幕府の将軍、足利義輝にも繋がる重要な話。

ここまでかなり重要な展開だけど、斎藤利政の息子、高政は一切登場しませんね。

高政は利政に大事にされて居ないってのが伝わってきます。

最後にも鉄砲の練習をする十兵衛。

史実の明智光秀は鉄砲の名手でした。

麒麟がくるの十兵衛も、こうやって鉄砲を使い続けて名手になるんでしょうね。

そう考えるとワクワクします。

そして次週は利政も鉄砲撃って大喜び(笑)

次回「伊平次を探せ」には再び松永久秀が登場!

松永久秀はキャラが立ってるので、どんな話になるのか楽しみです。

ではまた別の記事でお会いしましょう!マサムネでした!

マサムネ
3話の「感想」はココからドゾ↓↓
関連記事

3話も斎藤利政こと本木雅弘さんの演技に釘付けなマサムネです。 今回は派手なシーンがなかったので、フムフムと思っているうちに終わった感が強いかもしれませんね。   ですが、コレから重要になりそうな伏線がチョ[…]

 

マサムネ
5話の「感想」はココからドゾ↓↓
関連記事

新しい登場人物が多くてワクワクしたマサムネです。 5話「伊平次を探せ」は細川藤孝、足利義輝が登場。 あの気さくな松永久秀も活躍します。   その上、関の孫六や国友など、当時の武器についての話も出てき[…]

麒麟がくるの特集記事はココ↓↓

スポンサーリンク