【麒麟がくる:2話】ネタバレ感想!ゲスだけどイケメン道三に惚れたぜ

イケメン道三が出まくりで、大興奮のマサムネです。

斎藤利政[道三](本木雅弘)の本領発揮!戦や内政でも、道三のしたたかさが垣間見えてドキドキな2話でしたね。

大河らしい大掛かりな合戦シーンも登場して見ごたえアリです。

 

そんな麒麟がくる2話「道三の罠」について、簡単なあらすじと感想を語っていきたいと思います。

まずは、あらすじからドウゾ。

マサムネ
あらすじと感想の一覧はココ↓↓
関連記事

マサムネです。 麒麟がくるは明智光秀の物語。 主演は長谷川博己さんで、脚本は池端俊策さん。 原作はナシのオリジナルストーリーです。   明智光秀の若い頃はナゾが多く、織田信長を倒したことで有名[…]

スポンサーリンク

2話「道三の罠」の簡単あらすじ

十兵衛[明智光秀](長谷川博己)は、医者の望月東庵(堺正章)と駒(門脇麦)を連れて美濃へ帰国。

ところが美濃は織田信秀(高橋克典)の攻撃を受けており、織田軍2万に対し、美濃軍は4千の兵しかいない不利な状況。

 

戦が始まってスグに、斎藤利政[道三](本木雅弘)は籠城を選択。

その上、戦は終了とばかりに酒を飲み始めます。

ところが酒を飲んでいると見せかけて、中身は水。

すべて織田軍を油断させるための罠で、利政の奇襲が成功し勝利を収めます。

 

美濃の守護である土岐頼純(矢野聖人)に勝利の報告をする利政。

実は頼純は織田軍と繋がっていたのですが、利政はナゼか頼純に茶をすすめます。

その茶を飲んだ頼純は悶え苦しみ、利政を睨みながら倒れ伏したのです。

マサムネ
もっと詳しい「あらすじ」はココからドゾ↓↓
関連記事

もっくん大活躍で興奮気味のマサムネです。 麒麟がくるの見逃しはありませんか? ついつい忙しいと見忘れちゃう事ってありますよね。   そんなときの為に2話「道三の罠」のあらすじと、イイなと思ったツイー[…]

2話「道三の罠」のネタバレ感想だぜ!

今回は戦のシーンと、斎藤利政[道三](本木雅弘)の狡猾さが垣間見えて大満足でした。

そしてナニより、麒麟がくるで本木雅弘さんが演じる斎藤利政はイイ!

イケメンすぎてイメージと違うと思いきや、狡猾さも感じさせる演技で好感触です。

ではストーリーに沿いながら、共感したtwitterと共に2話の感想を語っていきたいと思います。

十兵衛は美濃に帰ってくるも、織田軍が攻めてくる

十兵衛[明智光秀](長谷川博紀)と東庵(堺正章)、駒(門脇麦)が並んでるシーン。

ムッチャ鮮やかでイイ!

最初は鮮やかすぎる衣装に違和感でしたが、慣れてくると癖になる良さ(笑)

しかし十兵衛は表情がよく変わる。

今までの明智光秀は若い頃って描かれてないから、表情と合わせて新鮮。

まあ、旅の駄賃は貸しただけ何て言われたらこんな表情にもなるよね。

織田軍との合戦開始

やはり大河と言えば戦のシーンは大事。

まだ2話なのに、かなり長い合戦シーンが登場して驚きました。

砦や騎馬、燃え盛る炎も登場し、スゴイ迫力でしたね!!

こーゆー時だけは、NHKの受信料を払ってて良かったと思えます(笑)


そして利政に侍大将の首を2つ取って来いと言われたせいで、狂ったように侍大将!!と叫ぶ十兵衛。

あの正義感にあふれる十兵衛を、ここまで変える借金の力!!

首を求めてさまようシーンは、漫画ドリフターズのコレを思い出しました。

そして敵の首を腰につけて戦うシーンがありましたね。

1話でも姥捨てや人買いなども出てきたし、エグイ表現を避けない麒麟がくるは一味違う。

戦国時代のカッコよさだけでなく、凄惨さも描いているのは高評価です!

美化しすぎは良くないもんね。

籠城から道三の罠で勝利

籠城に納得いかない十兵衛が高政に詰め寄るシーン。

十兵衛が「わしはお主の父上が、やっぱり嫌いじゃ!!」というセリフが人間味にあふれてて好き。

明智光秀は冷静なイメージがあったので、このギャップがグッときますね。

そして高政の板挟み感が、サラリーマンの哀愁を感じさせます(笑)

斎藤利政が罠を仕掛けるシーン、甲冑姿が並び、見ているだけでテンション爆上げ。

やっぱり甲冑がズラリと並ぶとカッコイイですね!!

戦国と言えばこーゆーシーンだよなあ。

スポンサーリンク

2話のメインは斎藤利政。

イケメンなだけじゃない、ゲスな表情もガンガン見せてくれて、こちらまでニヤリとしちゃいます。

十兵衛もそうですけど、役者さんが表情豊かで見ていて楽しい!

この分かりやすさが麒麟がくるのイイ所かも。

今回もコミカルな表現あり。

織田信秀の連れション(笑)

色々な世代が楽しめる作りでイイと思います。

マサムネはこの手のシーンを見ると、花の慶次を思い出しちゃう。

ここから一転。

次々と織田軍の兵たちがバッタバッタと倒されていきます。

十兵衛が倒した侍大将の顔が、叔父の光安(西村まさ彦)に瓜二つで戸惑うシーン。

最初に見たときはダレ?とマサムネが戸惑いました(笑)

ちょっと分かりにくいですよね。

ちなみに侍大将は西村まさ彦さん本人が演じてます。

そりゃ、瓜二つなわけだ。

そして落ち武者3人衆。

なんでココまで落ち武者スタイルになってしまったのか。

織田信秀は弟も討ち死にしてるのに最後に言ったセリフがスゴイ。

「城に帰って、寝るか」

織田信秀、ムッチャ豪胆!!

賛否が分かれそうなセリフですが、マサムネは好きです。

チョット目立っていた織田軍の宮司さん。

その後どうなったのか気になって見直してみると、打ち取られてました。

合戦には神も仏もないってコトですかね。

土岐頼純の裏切りと茶

頼純の高慢な態度がイラっとさせてグッド!

斎藤利政のやる、頼純の追い詰め方がマムシらしくてドキドキ。

特に「頼純!!」と呼び捨てにするシーンは緊張感あっていいですね。


そこからまさかの、斎藤利政のお茶。

緊張感のあるシーンからの茶なので、マムシならやりかねないと思っているとヤハリ。

頼純が悶え苦しみながらも、利政を睨みつける演技は迫力ありましたね。


いやー、今回の麒麟がくるも面白かったですね!

斎藤利政[道三]が大活躍。

利政がどんな人物かをシッカリ描き、迫力ある合戦も見せてくれた2話でした。

ちなみに本木雅弘さんと茶といえば、伊右衛門を想像した人も多そうですね。

マサムネも久しぶりに飲みたくなりました(笑)


次回予告もイイ表情の斎藤利政[道三]で締められてて、今から楽しみです!

「そなた、頼純をころしたそうじゃな?」と問われて、「私が?」とか、すっとボケすぎでしょう(笑)

今回の感想記事はココまでです。

ではまた別の記事でお会いしましょう!マサムネでした!

マサムネ
1話の「感想」はココからドゾ↓↓
関連記事

麒麟がくるの初回放送から興奮が冷めやらぬマサムネです。 沢尻エリカのお薬事件でヒヤヒヤさせられましたが、ついに麒麟がくるの放送が始まりましたね! マサムネも心待ちにしていた第1話を見たので、さっそく感想を記事にしてみまし[…]

マサムネ
3話の「感想」はココ↓↓
関連記事

3話も斎藤利政こと本木雅弘さんの演技に釘付けなマサムネです。 今回は派手なシーンがなかったので、フムフムと思っているうちに終わった感が強いかもしれませんね。   ですが、コレから重要になりそうな伏線がチョ[…]

麒麟がくるの特集記事はココ↓↓

スポンサーリンク