【麒麟がくる:5話】戦国オタが簡潔に「ネタバレあらすじ」まとめたぜ!

松永久秀がどんどん魅力的に見えてきたマサムネです。

麒麟がくる5話「伊平次を探せ」は鉄砲について知識を高めたい十兵衛があちこち奔走。

細川藤孝と足利義輝という物語で重要になってくる人物も登場しました。

彼らが十兵衛の人生にどう関わっていくのか?これからが楽しみな5話です。

 

今回もネタバレありな「あらすじ」を共感したツイートと共に語っていきたいと思います。

最後には視聴率や簡単な話のまとめもご紹介!

では早速、ネタバレあらすじからドウゾ。

マサムネ
あらすじと感想の一覧はココ↓↓
関連記事

マサムネです。 麒麟がくるは明智光秀の物語。 主演は長谷川博己さんで、脚本は池端俊策さん。 原作はナシのオリジナルストーリーです。   明智光秀の若い頃はナゾが多く、織田信長を倒したことで有名[…]

スポンサーリンク

5話「伊平次を探せ」のネタバレあらすじ

天文17年(1548年)の秋になった美濃。

十兵衛[明智光秀](長谷川博己)と斎藤利政[道三](本木雅弘)は、鉄砲の試し打ちをしている。

利政は十兵衛の指導で見事に的であるツボを打ち抜く。

ここから本日の物語は始まります。

十兵衛は鉄砲が戦で使えるのか疑問な様子。

鉄砲の威力に喜ぶ利政。

だが十兵衛は鉄砲は打つまでに時間が掛かり、玉も入手が困難なので戦で使うのは難しいと考えていました。

ですが利政は、幕府の将軍である足利義輝が鉄砲を集めているという噂から、ナニか理由があるハズだと十兵衛に詰め寄ります。

 

十兵衛は家に戻り、鉄砲の絵を描きながら構造を調べてみるコトに。

鉄砲を分解して詳細が分かれば、改良して今より速く打てるのではと考えます。

ただ十兵衛には鉄砲を分解する技術は有りません。

細かい作業をしている刀鍛冶なら、分解できるハズと家臣の藤田伝吾(徳重聡)にツテが無いか尋ねます。

伝吾は以前美濃に居た伊平次という男が、関で刀鍛冶をした後、国友村に移って鉄砲を作っていると噂に聞いていました。

駒は京へ帰る前に十兵衛と母の牧(石川さゆり)へ挨拶に訪れます。

ですが十兵衛は国友村へ向かった後。

十兵衛に会えなかった駒は意気消沈し、牧に本当は京に帰りたくないのだと告げます。

京は戦が絶えず身寄りもない駒は、平和な美濃に残りたいのだと。

そんな駒を牧は優しく諭し、駒は京へ帰る決意をします。

国友村に向かう十兵衛。

まずは関を訪れて鉄砲の分解を依頼するも、関の職人では鉄砲の分解は出来ないのだと断られます。

かわりに関の孫六という刀鍛冶から、国友村への紹介状を頂くのです。

だが国友村は、将軍の足利義輝から鉄砲について口外を禁じられていました。

鍛冶職人から鉄砲の分解を断られ、伊平次の居所も教えてもらえません。

 

困り果てた十兵衛のもとに、若い鍛冶職人が伊平次について知っているのだと声をかけてきます。

お金を要求された十兵衛は渋々ながら鍛冶職人に賄賂を支払い、伊平次が京の本能寺に居るのだと知ります。

十兵衛は京への旅の前に、一度美濃に戻る事に。

前回の京への旅では、利政から旅費を半額しかもらえなかった十兵衛。

今回の旅費は利政から何とか全額を出させようと交渉します。

利政は最後まで旅費を値切り、渋々ですが全額負担を了承します。

本能寺に着いた十兵衛。

本能寺の中に入ろうとすると、兵が入り口をふさいでいます。

どうやら足利義輝が本能寺に来ており、立ち入りが出来ないようです。

そんな十兵衛を不審に思った警護の侍が、背中に背負っているものが鉄砲では無いかと詰め寄ります。

鉄砲を渡せと言われますが十兵衛が断ると、侍は刀を抜くのです。

 

仕方なく刀を抜いて構える十兵衛。

睨み合いの後に、幾度か斬り合いをしたところで「止めよ」と声が掛かります。

声を掛けたのは本能寺から出てきた足利義輝。

十兵衛の構えを見た義輝は「同門同士で斬り合いはやめておけ」そう言って立ち去ります。

刀を収めた二人の元に続いて現れたのは、宗次郎の店で出会った三淵藤英(谷原章介)。

三淵は侍は自分の弟の細川藤孝(眞島秀和)だと話し、二人の仲介をします。

十兵衛と細川藤孝はお互いの剣の腕を称え、行き違いがあったと和解するのでした。

三淵は伊平次について知っており、本能寺から行方不明になっていると教えてくれます。

そして鉄砲を見た三淵は、松永久秀から都合してもらったのではと尋ねます。

これから松永久秀と会うので十兵衛も一緒に行かないかと誘い、十兵衛も松永久秀にお礼がしたいと同行します。

スポンサーリンク

松永久秀(吉田鋼太郎)の館に着いた二人。

入り口で門兵に止められる一幕もありましたが、無事に松永久秀と再会します。

松永久秀は灸をすえており、苦悶の表情。

しゃっくりが止まらず、熱い灸をすえればしゃっくりが止まると聞かされ、試していた模様。

松永久秀は昔、母親からしゃっくりが3日続くと死ぬと言われ、今日が2日目なのだと話します。

話している最中に、しゃっくりが止まっている事に気づいた久秀は大喜び。

二人を館に向かい入れます。

久秀が三淵を呼んだのは、敵対する幕府が鉄砲を持つのを咎める為でした。

お互い鉄砲の所持について話し合うも平行線。

三淵は久秀の要求を飲むことは出来ず、不機嫌そうに館を立ち去ります。

残された十兵衛は久秀から招かれ、館の奥へ。

 

そこで十兵衛は、鉄砲が戦には向かないと話します。

久秀は火縄に火をつけて鉄砲を構え、おもむろに十兵衛に銃口を向けます。

身がすくむ十兵衛は動くことが出来ません。

引き金を引く久秀でしたが、玉は込められていませんでした。

 

久秀はこの様に鉄砲の威力を知っていれば、動けなくなる。

ならば大量に鉄砲を所持していたとしたら、戦を仕掛けようとは思わないだろうと語ります。

久秀は鉄砲を戦場で使うよりも、抑止力として所持することに意味があるのだと十兵衛に教えてくれたのです。

そして幕臣の三淵もそれに気づいて、鉄砲を集めているのだと。

鉄砲を集める意味を知った十兵衛が、次に気なるのは伊平次の行方。

ですが久秀は伊平次の行方も突き止めていました。

十兵衛と松永久秀は遊郭へ。

遊郭で松永久秀は顔が知れている様子。

伊平次が2階にいると聞かされて、勝手に部屋を開けていきます。

2度目の部屋で伊平次(玉置玲央)を発見。

松永久秀は部屋に上がり込み、伊平次に鉄砲を作ってくれと詰め寄ります。

 

だが鉄砲は作らないとキッパリ断る伊平次。

久秀に鉄砲を作れば今度は幕府も鉄砲を作れと言ってくる。

これではキリがないので鉄砲は作りたくないのだと話します。

そんな二人のやり取りを見ていた十兵衛は、伊平次が美濃で藤田伝吾の井戸に落ちた男だと思い出します。

 

井戸の話を聞いた伊平次も十兵衛のことを思い出し、井戸から助けられたことに感謝します。

十兵衛は伊平次に鉄砲を分解できないかと問うと、伊平次は簡単だと快諾。

分解するための道具が、近くの寺に置いてあるのでソコへ行こうと十兵衛に話します。

十兵衛と伊平次の話しに置いていかれた久秀が話に割って入りますが、伊平次はお断りだと頑として首を振りません。

困った久秀は、コッソリ十兵衛に鉄砲づくりを十兵衛から依頼してくれないかと頼みます。

急な話に焦る十兵衛でしたが、久秀は俺はコレから大名になる男だから、恩を売っておけと話すのです。

渋々了解した十兵衛は、伊平次と共に寺へ向かいます。

その道中で、京に戻ってきた東庵と駒とすれ違います。

駒は十兵衛に似た人物が居たと東庵に話しますが、東庵は十兵衛が京に居るハズも無いと一蹴。

駒も勘違いだと思い、十兵衛と駒は出会うことなく通り過ぎるのでした。

5話「伊平次を探せ」はココまで。

美濃ですれ違い、京でもすれ違う十兵衛と駒は再開できるのでしょうか。

松永久秀の動向と合わせて注目です。

なんだろう、まったく興味がナカッタ駒が気になり過ぎる…。

マサムネ
5話の感想も良かったらドゾ↓↓
関連記事

新しい登場人物が多くてワクワクしたマサムネです。 5話「伊平次を探せ」は細川藤孝、足利義輝が登場。 あの気さくな松永久秀も活躍します。   その上、関の孫六や国友など、当時の武器についての話も出てき[…]

5話「伊平次を探せ」の視聴率とまとめ

視聴率は13.2%

前回より0.3%だけ落ちたけど、BSは逆に視聴率上がったそうな。

まだまだ序盤だから13%はなかなかの数字です。
マサムネ
これから話がどんどん盛り上がるからね。
ダイジョーブだぜ!
では今回も5話についてまとめておきます。
・鉄砲は打つのに時間が掛かるので、戦では使えないと考える十兵衛
・鉄砲を早く打てるよう改良を決意、仕組みを知る為に専門家に分解を依頼したい
・本能寺にいる美濃出身の伊平次が鉄砲に詳しいと聞き、会いに行くコトに
・本能寺で不審者として細川藤孝に襲われる
・松永久秀と再会し、鉄砲は大量に所持すれば抑止力になると知らされる
・伊平次と出会い、鉄砲の分解を承諾させる
次回は6話「三好長慶襲撃計画」。
松永久秀が仕えている三好長慶が登場しますが、いきなり暗殺の話とは。
主君の細川晴元、それに仕える三好長慶、さらに下に仕えているのが松永久秀です。
三好長慶と松永久秀が力を付けていきたので、どうやら主君の細川晴元と揉めそうな予感。

ではまた別の記事でお会いしましょう!マサムネでした!
マサムネ
4話のあらすじはココからドゾ↓↓
関連記事

菊丸と駒が気になりだしたマサムネです。 4話では東庵の役目も終わったので、駒と一緒に京へ帰るのかと思いきや、ここで関わってくる織田信秀。 どうやら東庵もタダの医者ではなさそうで…。 また新たな展開が始まった4話でし[…]

マサムネ
6話のあらすじはココからドゾ↓↓
関連記事

今回も松永久秀が沢山見れて大満足のマサムネです。 麒麟がくる6話「三好長慶襲撃計画」は、伊平次が遊郭で三好長慶と松永久秀を襲う計画を耳にするトコロから始まります。 松永久秀に恩義の有る十兵衛は大慌て、襲撃計画を阻止するた[…]

麒麟がくるの特集記事はココ↓↓

スポンサーリンク